宗式Blog 蝦鯛屋
富山のラーメン・三国志大戦・言葉遊び・日記などなど。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/09/10(土)   CATEGORY: 雑感・雑記
「まじりら千里浜BBQオフ」オフレポ
マイカーMRwagon(※)の、オーナーさん達が集っておられるサイト「まじりら」の、千里浜BBQオフに参加してきました。
この記事は、そのオフレポです。

※9月11日にAirwaveが納車された為、現在のマイカーはAirwaveになっています。


注意!とっても長いよ。
このオフ、もとをたどると、もうすぐMRwagonとお別れになるという事を掲示板に書いたのがきっかけで、ある意味、自分とMyMRwagonのラストランオフとしてわざわざ開催してもらったようなところがあり、企画していただいたまあさんや、けん爺さんにはすごく感謝しています。

起床?出発・移動編

朝、7時。目覚ましの音で起きる。
普段は目覚ましなしで7時半くらいに起きるので、起きた瞬間はなんで目覚ましかけたのかが思い出せず、ボーっとしていました。
10分ほど(長っ)ボーっとしたところで、千里浜オフの日である事を、携帯を見て思い出して、とりあえず朝風呂を浴びて、食事をして、着替えて、大体8時ちょい前。目覚ましテレビが7時59分で終る気配を見せないのを見て、違和感を感じつつ車に乗る。
ちなみに集合は千里浜レストハウス前の砂浜に現地集合で、時間は10時

実は参加する前から、日曜か月曜がAirwaveの納車だと連絡を受けていたて、これが本当の、本気のラストランと言うことで、いろんな事を思い出しながらの出発。

途中のコンビニの駐車場から、今回の同乗者taroに電話。
宗「8時半くらいに着くから、準備しといて。」
タロ「わかった?」
この電話を切ってから、道の駅新湊へ。白海老を入手。
と、買い物を済ませたところで、突然の便意。道の駅に居てよかったとか思いながらトイレへ。
大の方をしたかったのに個室には全部人が入っていて、しばらく待つ。
無事用をたして、taro宅へ向けて出発。この時点で8時半。

結局taro宅に着いたのが8時45分頃。軽くやばい。
で、コンロと炭を調達にホームセンターへ。
きっとコンロはあるのだけれど、無くて困る事はあっても、あって困る事はなしと判断した上での行動。買い物を終えて、ホームセンターを出たのが8時55分
ホームセンターから集合場所までのおおよその距離をgoo地図のルートマップであらかじめ調べておいた僕は、えらい焦る。
距離は40km弱。残り時間は1時間。後半ずっと走り続ける415号線は、なんと40km/h制限。
・・・なるべく信号で止まらない事を祈りながら、出発。
ちなみにこのときの焦りは、到着前に既にこの量の文章を書いてしまっている今の焦りにちょっと似ているかも。

途中ガソリンスタンドで給油。
宗「満タンで。」
GS「ハイ満タンで!油種はどうなさいますかっ!」
宗「あ、レギュラーで。」
GS「ハイレギュラー満タンで!灰皿ゴミとうございませんかっ!」
終始こんな感じ。体育会系っぽいスタンドの兄ちゃんでした。

8号線を西へ進み、160号線へ。
ここまでは信号に困らされる事も無く良いペースで進む。
160号線から415号線へ左折で入った途端・・・
宗「え、これ"国道415号線"であってるよね?」
タロ「狭っ!」
40km/h制限なので、ある程度予想していたのですが、予想を上回る狭さ。
ちなみにこの時点で時刻は9時30分。
10分ほど走ってみて、道の状況から定刻到着は無理と判断し、同乗者taroにメールの代打ちを頼む。
タロ「内容どうする?」
宗「遅れます、と。・・・あー、現在ホシは415を西方向、羽咋市方面に向かって逃走中、とか」
タロ「Σ( ̄□ ̄)俺らは逃走中か!」
宗「・・・やっぱり普通でいいや」
だいたいこんなやりとりをしました。いつもこんなだ・・・

中途半端な峠道を越えた辺りで、コンビニに入って飲み物を調達。
このとき、クリニックの看板に「羽咋」の文字があるのを発見。
気付かないうちに羽咋市に入っていたのでした。
時間は8時58分
宗「はい、遅刻確定」
タロ「随分前から確定していたような・・・」

その後はすいすいと進み、千里浜海岸付近の千里浜レストハウスに着いたのが9時10分過ぎ。
しかしここで集合場所を、「千里浜レストハウス」だと覚えていた僕はレストハウスの駐車場をぐるぐる。当然、他のMRwagonは見当たらず。
本当の集合場所は、前述の通り千里浜レストハウス前の砂浜。遅刻を10分程度に抑えての到着をしておきながら、なんと駐車場ぐるぐるを5分続けると言う大失態をやらかし、他の人達と合流した時点では既に9時15分。はやく着いて設営してくださっていたまあさん&けん爺さん、長野から来られた山田@965さん、ほんとうにゴメンナサイm(_ _)m

ちなみにはやく着いて設営してくださっていたと書いたけども、僕らが新湊を出発する頃に送ったメールの返信で既に着いていたのを確認したので、少なくとも8時半ほどには着いていらしたわけです。
まあさん&けん爺さんは岐阜スタート。山田@965さんは長野スタート。いったい、何時ごろに起きられたのだろう・・・

海岸BBQ編

touchaku.jpg
到着。砂浜に並ぶの図。

到着後、挨拶を済ませて、準備に取り掛かる。と言っても、準備はほとんど出来ていて、あとは鍋(ダッチオーブン)を熱して料理を始めるだけの状態になっていた。
余談だけども、同乗者のtaroが僕よりはやく車を降りて僕より早く挨拶&名乗りをしていた。そして自分でtaroという呼び名は本名とは関係ないとかいろいろ言ってた。
で、千里浜まで行って、初めて会った人にいきなり呼び名が犬っぽいと言われていた。
taroをリアルで知ってる人は、この数行だけで一笑いできそうな辺り、taroらしいなぁと思った。

で、まずは鶏肉(なんと丸々)をダッチオーブンで蒸し焼きにすることに。
なぜか鶏肉の袋にはアラビア語っぽい文字が書かれていた。でもまあさん曰くブラジル産の鶏さんらしい。
鶏に剥きニンニクを詰めて、ダッチオーブンにじゃがいもを敷いてその上に置き、蓋を閉めて蒸し焼きに。
詳細は覚えていない(ことにする)けど、ニンニクを詰める際の会話がちょっとぶっ飛んでいて、その会話のおかげで一気に話しやすくなった気がする。
chourityu.jpg
ダッチオーブンにて調理中。調理する人と鍋の中を撮る人達。遠巻きにそれを撮る俺。

鶏が焼けるまで、まったりトーク。
いろんな話が聞けて、こういう集まりっていいなぁって思いました。
まあさんがトークしてる所をデジカメで撮ろうとしていたので、とりあえずこっちも携帯のデジカメを構えてみる。撮る人を撮るとか言って、まじりらのオフでは前回もやった気がするネタ。今回も、バッチリ成功。
その後なぜか話が切腹の話になり、切腹の話から切られた後の首は生きているかという話になり、切腹だの介錯だのギロチンだの焼死体だの土座衛門だの、言うワードがポンポン出てきて、徐々に徐々に話の内容が食事前にするトークじゃなくなっていく。多分、主犯は俺とtaro・・・すんませんでした。
その後、話をリセットして、車の話に。最初はちゃんとMRwagonの話をしていたんだけども、途中から三菱車の話に。三菱車に関するトークは、すごく楽しかったけど、文章にすると結構ヤバめだったので割愛。
で、鶏とじゃがいもが焼けたので、食す。

kuwarerutori.jpg
鶏、食われるの図。ニンニクの香りと鶏本来の味が判る感じで、美味でした。

鶏を食べた後、まあさんがラーメンを作ってくれました。
そのまま水を加えて炊いてダシを取り、高山ラーメンを入れるというもので、鶏のスープが濃厚で美味しかったです。
美味しかったので1玉目はみんなで一気に食べてしまい、2玉目を投入。これも麺が食べごろになるや、一気に食べてしまう。
で、運命の3玉目。美味しかったし、すぐ食べてしまうので、2玉分のラーメンを投入・・・これがやばかったらしく、スープが少なくなってきていたため麺のぬるっとした感じが取れず、さらに鶏の骨を入れっぱなしにして炊き続けたため、鶏の油やらコラーゲンやらが麺にまとわりつき、もうぬるぬるでろでろ。味はすごく美味しいのに、箸が進まないという状況に。
もし次回があれば、鶏の残骸はある程度ダシが出たら取り出そうと言う事で話がまとまる。
ちょっと文章が多すぎじゃないかという方向で僕の脳内会議もまとまる。

ラーメンの後、山田@965さんが持ってきてくださったたくさんの野菜と羊肉(マトンとラム)を、網で焼いて食べる事に。
しかし既に鶏肉とじゃがいもとラーメンで腹が満たされてきて、睡魔が瞼に座り始める。
腹ごなしと睡魔を飛ばすために、砂浜を走ってみる。
砂粒が非常に細かく、履物もサンダル(非ビーチサンダル。ビーサンよりちょっと重い。)だったので、すごく走りづらかった。
裸足の方が走りやすかったけども、台風一過後だったので、砂の中にいろいろなものがあって、怪我したくなかったので、すぐまたサンダルを履いた。眠気は覚めた。
野菜を切ったりしている間に、せっかく千里浜に来たのだからということで、海岸を走った。自分の足ではなく、車で走った。
(千里浜海岸は、なぎさドライブウェイと言う名前がついていて、普通に車が走れる。)
普段の道路とは違う感じで、楽しい。
海水を少し含んだしめった砂なので、少し大きめの車が走った後の轍なんかがあると、そのまま形が残っていて、タイヤをとられる。
少しだけ振った後の雪道みたいな感覚。でもって、雪道のようなスリップの怖さはないので、すごく楽しかった。
でも代わりにスタックの怖さが・・・
海岸の往路は自分で運転し、復路はtaroと運転を代わる。
でもやっぱり自分の車を人に運転させるのってすごく不安で、しかもその運転する人間がtaroなものだから、復路は止まってしまってスタックしないかヒヤヒヤだった。もちろんスタックはしなかったのだけども。

mrwagon31.jpg
砂浜に並ぶの図その2。撮影の為、全車が正面を向くように並びなおした。

みんなのところへ戻ると、準備ができていたので(本当に俺ら何も手伝ってないなぁ・・・)、早速焼いて食べる。
野菜はししとう、ピーマン等。肉はマトン!
羊肉がけっこうゴツめに切ってあって、火をしっかり通す為に何度かひっくり返しながら、先に焼けてくる野菜をパクパク食べて待つ。みんなそれぞれがマトンを1口、2口味わって、第2段投入したあたりで・・・

超強風に見舞われる。
富山は台風14号では暑さと風だけだったけども、その時くらいの風の強さはあるんじゃないだろうかと思うほど。
ということは、風速10m前後・・・すごい風で、砂が舞う。
テントが飛びそうになるので、みんなで抑えたのだけども、どうも止みそうにない強風の為、撤収。
宗「ネタの神様が付いてるのかな」
けん爺さん「こんなネタなら要らないよ(苦笑」
宗「た、たしかに・・・」
こんな強風の中、観光客が2組ほど観光バスから降りてきた。
残念。あと20分もはやければ、そんなに強風じゃなくて、気持ちいい程度だったのに。

強風が止む気配を見せないので、僕ら以外の人達も撤収を始めた。
ただ、彼らはただ走りに来ただけとか海を見に来てたりとかなので、撤収と言っても車に乗って帰るだけ。
撤収作業をしながらそれを見ていたら・・・
数台、スタック。
風が強くなる前にもスタックしている車はいたのだけども、強風が出てからスタックした車の中にはなんと同じ箇所で2度もスタックした車があったりした。
人の不幸は蜜の味ではないけれど、僕らは「あーあーやっちゃった」とか、遠くから空き放題言っていた。
さすがに同じ車が2度スタックした時は手伝いに行ったけども。
2度スタックした車に乗っている人たちの中には、どうやらこういう場合の対処法を知っている人がいなかったらしく、FFの車で前輪が完全に浮いているのに前進でスタックから抜けようとしていたり。やっぱり、こういうのは経験しないとなかなか対処できないものなのね・・・
で、前輪に木の板をかませて、前から数人で押しながら、バックでスタックから脱出。人助けをした後って、気持ちいい!のかなぁ・・・

とりあえずtaroが5時からバイトだった為、なんだか事態のよくわからないまま、解散に。
その際に、山田さんが持ってきてくれた野菜や肉を、一番近くと言う事で、富山組が貰った。
BBQでは1口しか食べれなかった羊肉だけど、夕食に家族と一緒に頂きました。おいしゅうございました。
--------------羊肉感想----------------
羊肉ってよく臭みがあるとか言うけど、山田さんが持ってきてくれた羊肉From長野は臭みも無く、やわらかくて、ジューシーで、牛肉にも勝る美味しさだった。あまりに美味しくてハマってしまったので、そのうち蝦鯛家で長野で羊肉を食うぞオフとかやってしまおうかな・・・なんて考えた。
--------------------------------------
解散後今度は寄り道せずとにかく新湊へ。
所要時間、約1時間20分。5時前には着いたけど、強風で砂だらけの体ではバイト行くのは厳しいということで、taro、バイト先に遅刻の電話を入れる。海辺を走ったので、塩を落とさないとさびてしまうので、洗車場へ。ハイプレッシャーノズルが置いてある洗車場、近所にここしかないのでちょっと不便。

20050910174658.jpg
高圧洗浄と手洗いでピカピカ。

内装も掃除機がけとスチーム洗浄をやって、くたくたになったところで帰宅。オフレポここまで。

まあさん、けん爺さん、山田@965さん、本当にどうもありがとうございました。
おかげで大変良い思い出が出来ました。







で、終らないあたりが俺っぽい。
夜編。
taroを送り届け帰宅した後、ふと思い出す。
よく考えてみたら、千里浜まで往復するのにガソリン満タンは必要ないよねって事。
仕方ないので、荷物を家に置いた後、まだ満タンに近いところを指す燃料計の針をなんとかEに近づけようと、県内ナイトドライブ。
とにかく走りまくってみた。8号線を東方向に富山港と富山市街にはさまれた辺りまで走り、左折して富山港へ。
夜の港湾を見ようかと思ったけど、埠頭は門が閉まっていた・・・
富山港周辺をうろうろして、運河で一休み。
富山市街へ進路変更して、駅のまわりをぐるぐる。富山の夜は、駅付近でもとっても静かだ・・・
市街地に飽きたので、今度は呉羽山方面へ。
到着する前に山の風景に飽きた。よく考えりゃ、県内だから見た慣れた風景なんだよね・・・
進路を北にとり、新港へ。マリンパークと海王丸パークへ行ってみた。暗くてなんも面白みが無い。
とりあえず海王丸パークの駐車場で、ドリフトの真似事をしてみた。
査定に関係あるのは夏タイヤで、その時履いていたのが冬タイヤだったので、減っても良いやとか重いながら、何度か回っていたのだけども、
ドノーマルのMRwagonN-1ではロールは大きいわ足回りは柔だわで、あんまりやるもんじゃないなぁと思った。
っていうか、何度かコケるんじゃないかと思った・・・
海王丸パークは駐車場が広いので、ドリフトの真似事に飽きた後はジグザグやったりしてみたけど、パイロンもなにもないので、すぐ飽きた。
kaioumaruparkyori.jpg
海王丸パークより。暗くてなんもわからんけど、新港の様子。
tettou.jpg
海王丸パーク近辺より。暗くてもわかる、鉄塔。

そろそろ疲れたので燃料計を見ると、やっと半分のライン。
これだけ走って、あれだけぐるぐるやって減ったのこんだけ!?とか思ってしばらく見つめてました。
ものすごい燃費たたき出してそうだけど、残念ながらそれがリッターいくつかを知る事は無いんだなぁ・・・
まぁ、いろいろ回ったし、あれだけ走って、最後の最後に素晴らしい燃費を見せてくれたし、半分までしか減ってないけど、今日はこの辺で許してやるぜ的な、中途半端に強いけど主人公には毎回負ける敵キャラのセリフみたいな事を考えながら帰宅して、掲示板にカキコして、就寝。

であった時はまだ100kmほどしかカウントされてなかったオドメーターが、今日までのたった2年と1ヶ月の間に17000km弱まで行った事を考えると、平均より距離は少ないかもしれないけど、十分に働いてくれたなぁと思うわけです。
まじりら君、お疲れ様でした。次のオーナーにも大事にされるといいなぁ。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 宗式Blog 蝦鯛屋. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。