宗式Blog 蝦鯛屋
富山のラーメン・三国志大戦・言葉遊び・日記などなど。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/09/22(木)   CATEGORY: バケツプリン
でかぷりん伝説 -誕生そして実食-
遅くなりましたがでかぷりんその後のレポートです。

完成・実食編を読む前に、でかぷりん伝説 -胎動-(作成編)をお読みになられることをお勧めします。

あ、今回も長いから。
朝9時半。
bibu氏と合流し、N先輩を迎えにお隣石川県へ。
(っていうか納車1週間で300km越えって走りすぎな感があるよね)
ちなみにガス代bibu氏持ち。わーぃ。
で、前日夜遅くまで打ち合わせしていたのに9時半集合だったのに
朝早くて「眠い」を連発、その癖テンションだけは高い2人。
車中、流してた曲を無理やりプリンの歌に変えてみたり。

石川に着いて、N先輩を拾って、富山に帰ってきて、1時過ぎ。
leoさん、taroと合流し、某大学病院へ。
入院中のkenta氏のお見舞いに、バケツプリン(ミニサイズ)を持っていく。
ちなみにバケツプリン(ミニサイズ)の容量は、1.2リットル。
kenta氏はバケツプリンに関しては事前情報を持っていたのだけども
実際にバケツに入ったプリン(黒ごまプリン)を見て、驚いていた。
・・・当たり前か。
b「はい、お見舞いw」(バケツプリン渡す)
k「・・・本当にやったん?」
kenta氏のお母さんも居られたので、引かれたらどうしようと思ったんだけども、
どっちかというとお母さんノリノリ。
少し雑談して、プリンも食べてもらって(なかなか減らない)、病室を後にして、いざ会場の河川敷へ。
と、思ったら、河川敷には既にたくさんの車が止まっていた。
なんで?バケツプリン食べに来たの?とかあほな事を考えつつ良く見ると、なんとBBQ中(3グループ)。
まぁ天気も良かったし、3連休の真ん中だし、よくよく考えれば当たり前なんですけどね・・・

とりあえず河川敷にスペースを確保し、バケツプリン10リットルとBBQセットを取りに自宅へ。
荷物を取り、飲み物等を買い揃えて河川敷へ戻る。
確保したスペースに見慣れない人影がいくつか。
今回、奇妙なつながりで会った事の無い人たちにも参加していただいて、その人たちが既に集まっているという状況でした。
今回の食客は自分を含め総勢16名。
bibu氏 leoさん N先輩 dekoさん ば?とん(すぎ)さん
taro ファーサイト 弧月 やっく ぐろりあ
小豆 大豆さん とーふ君 アババ君 ピエール
(順番はなんとなく、HNがある方はHN、無い方はイニシャルで。)
こんだけ居りゃぁ、10リットルくらい食えるだろ、と思っていました。

BBQをプリンのデザートにするので、炭に火を入れる等の準備を。
準備にいろいろ手間取ったりしつつ、いよいよでかぷりん登場。
ちなみにこの10リットルプリン、僕が調べた限り2005年9月18日の段階では、インターネット界最大のプリンです。
NEC_0006.jpg
満を持してプリンinバケツ登場の図。比較対象はタバコの箱。クリックでちょっとだけ大きいのが見れます。
NEC_0008.jpg
蓋オープン。比較対象はやっぱりタバコの箱。

今回の音頭取りということで、タライにあけるのは俺がやることに。
タライをバケツの上にかぶせ、せーのでひっくり返す。
バケツを掴み、上方向にすこーしだけ持ち上げると・・・
「じゅぽ・・・ず・・・ずずず」(・・・文字にすると微妙に卑猥な音だ。)
という音がする。あけるよーと参加者に声をかけ、崩壊しないように願いながら一気にバケツを取り払うとそこに!
NEC_0009.jpg
崩壊せずに、まさに聳え立つ!の図。

タライにあけたせいで、写真ではその存在感が若干弱く見えるけども
実物の存在感たるや、まさに「聳え立つ」と言う感じ。
しかもこのサイズの癖にたゆんたゆん揺れてて、なんかこう、ネタっぽさとか期待感とか怖さとかエロさとか、いろんなものを醸し出してました。
また、日も傾きだして、暗くなっていたその場所で、ライトで照らされ撮影されたプリンはさながら39243690_23.jpg
お月様。ちょうど中秋の名月の日だったので、天に名月、地に迷月ってな感じでした。
purin2.jpg
プリンを撮る人たちの図。

実はこのでかぷりん、作るにあたってある「賭け」をしていたんですよ。
崩れたら俺がtaroに謝る、ちゃんと立ったらtaroが俺に謝る。
それがいつのまにか変化して、ちゃんと立ったらtaroがプリンに土下座するになっていました・・・
NEC_0013.jpg
taro、聳え立つプリン様の前に跪き・・・
NEC_0014.jpg
土下座!
この後失意体前屈とかやらされたりしてました。っていうかやらしたの俺か。笑

で、またしても音頭取りと言うことで一口目は俺が食べることに。
でかプリンにスプーンをすっと・・・・・・・刺さらない!
そうなんです。このプリンなかなかかたいんです。
たゆんたゆん揺れてたので、やわらかめを想像してたんですが
あのたゆんたゆんは、かたいからこその弾力だったのです。
ちょっと力を入れてスプーンを刺し、プラコップに無理やり入れました。
宗「プリンってこんなに苦労する食べ物だっけ」
や「ありえねー」
ふ「アホくせーw」
まさかプリンでこんなやり取りするとは思いませんでした。
そして一口目。
・・・うまい!けどやっぱりちょっと歯ざわりがかたい。
普通のプリンというより、焼きプリンに近い感じ。
驚きの食感をみんなに伝えると、なぜか笑いが起こる。
そして次々にプリンを取る一同。
そして口々にその味その食感を形容します。
「うまいけど硬いよ」「こりゃプリンじゃなくね?」「うめーーーー!」等々。

勢いよく食べていたのはみんな最初の2杯くらいまで。
3杯目に入ったころには既に口の中が甘さで満たされ、ペースダウン・・・
そこで、BBQ投入。塩分を取って口の中をリセット。
肉を数枚食べたらプリン、という行動に。
ただ、肉に逃げる人とか、プリン1杯がなかなかクリアできずにストップしている人などがそろそろ出始める。
さらに、プリンも普通の味ではつらいと言う事で水でカラメルを作ったりホイップクリームをかけたりしはじめる面々。
中にはプリン水割りとかプリンお茶割りをやる人が居たり、焼いたパンにプリンを挟んで食べる人が居たり、さらには焼肉のたれでプリンを食べる人が居たり・・・
もうこの辺からみんなテンションがおかしかったです。

ちなみに俺は8杯食いました。
1杯目2杯目は普通に、3杯目水割り(プリンが硬いのでぜんぜん割れてない)、4杯目お茶割り(プリンが硬いので、ふつうにプリンとお茶)、5杯目みかん缶(なぜかプリンが食べやすくなる)、6杯目ホイップ(結局甘過ぎてホイップどかした)、7杯目普通に、8杯目はアクエリアス割り。
・・・プリンに関しては食傷気味。

この後腹ごなしとか言いながら、やっくが乗ってきた軽トラの荷台に参加者5名程を乗っけて、運転席にやっくを座らせてハンドル操作させ、ギアをニュートラルにして1人で押して動かすとかやったりしました。
うん。ぜんぜん腹ごなしにならない。軽トラ軽いし・・・・

最後ほんの少しを、持ち帰りたいといった人のタッパーにつめて、完食。まぁお持ち帰りがあったといっても、結局それも含めて一応全部食ったわけだし、もうプリンに勝ったってことでいいんじゃないでしょうか。

ちなみに、今回のプリンの詳細です。
プリンエル 25箱使用(10リットル分)
牛乳 10リットル使用
ゼラチン およそ2箱使用(1袋で300ccのゼリーができる物を12袋)
バケツ:容量13リットル(蓋付)
冷却:水冷で3時間程度で荒熱を取った後、冷蔵庫にて約16時間半冷却。
冷蔵庫は夜間省電力オフ、最強に設定。

プリンエル1個 105円×25= 2625円
牛乳1リットル 158円×10= 1580円
ゼラチン1箱    228円×2= 456円
13リットルバケツ 210円×1= 210円
13リットルタライ 105円×1= 105円
合計(プリンのみ)        4976円

肉代10人分注文         6000円
コンロ1台新規購入        1980円
炭3kg購入            198円
皿・箸・コップ等代金        884円
飲料代金              482円
その他軍手等道具費計       1480円
その他合計           11024円

総計              16000円
※未計算額            結構痛い額

今回は1人会費1000円いただきましたので、計算分に関してはちょうどです。で、未計算額がそのまま赤字になったわけです。
赤字分は永遠に未計算にしときます。怖いし。

で、ここで終わらないのがウチらしいというか。
この後、ば?とんさん、bibu氏、dekoさん、taroの4人とマージャンやってたんですよ。
結果はまぁ酷いもんで、久々のマージャンでフリテンとかやってみたりして最下位だったんですが、4位の人にはあるものがプレゼントされたんです。それは・・・
20050919034952.jpg
4位bibu氏プレゼントの品を食べるの図
20050919035028.jpg
手元アップ

そう。ぷっちんプリン。
あれだけプリン食っておいて、その日のうちにプリンです。
ちなみに美味しかったそうです。
1口もらいましたが、たしかにうまかった。これがプリンだよ。
っていうかやわらかいんですよ。
bibu氏曰く、「これならぜんぜん食える」そうです。
でもたぶん、あのやわらかさでは10リットル聳え立たすのは無理だ・・・

そんな感じで、お馬鹿なでかぷりんの宴は幕を閉じたのでした。
たぶん、あれを実現しちゃった瞬間、俺はたぶん富山県内で最もアホだったんじゃなかろうかと思うよ。笑
20050918202755.jpg
ある月の綺麗な夜じゃった。めでたしめでたし。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*3 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

大豆 | URL | 2005/09/23(金) 00:34 [EDIT]
いきなり押しかけて驚いたでしょ?お世話になりました。

作ってる段階で小豆が相当不安になったらしく「あの量は無理、ぜーーーたい無理!」と言いながら誘ってくれたのでw

実際目の前にしたら迫力ありましたよね。でも正直食べ盛りの男の人がたくさんいるんだし食べきるだろうと思ってました orz

あんなに笑ったのひさびさでした。ありがとうございました。

| URL | 2005/09/24(土) 22:39 [EDIT]
>大豆さん
お疲れ様でした。持ってきていただいたおにぎりの塩気に助けられた気がします。
誰でも不安になれる量でした。
また何かでかいこと(文字通りw)やらかす時には、声をかけさせていただきますね。
今度はもっと恐ろしい・・・もとい、美味しいのやりましょう。笑

まあ | URL | 2005/09/25(日) 17:52 [EDIT]
プリン完成おめでとうございます。一番大きいっていいなぁ。大好き。きれいにひっくりかえってるし、ネット伝説が1つ増えましたね~!!

次は、うまいぼう2005とか。
http://homepage2.nifty.com/tp4096/special/umaibo/umaibo.html

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 宗式Blog 蝦鯛屋. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。