宗式Blog 蝦鯛屋
富山のラーメン・三国志大戦・言葉遊び・日記などなど。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2006/01/05(木)   CATEGORY: 雑感・雑記
古畑FINALの話
いやぁ、「古畑任三郎FINAL」面白かったっす。
今回FINALって銘打ってますけど、これで終わりっつのは
ちょっと悲しい気がします。

思えば僕ら世代って、古畑のスタート時は小学生だったんですね。
たまたま第一回の放送を見て、次の日学校へ行って
「おもしろいテレビやってた」という話題をしたのを覚えています。

というわけで本日は古畑任三郎の話題。
昨日の第一夜といい今晩の第二夜といい、
ずーっと古畑を見てきた人にとっては
所々で「ニヤリ」といった感じの連続ではなかったでしょうか。
第三夜も楽しみですね。

えーっと、毎回ゲストが犯人役になる、というのが
古畑シリーズの特徴ですよね。
で、第一夜のゲストが2人。CMでは藤原竜也が
殺人者である感じの見せ方をしていました。
ここで、何気なーく見ている人は石坂浩二が真犯人となったときに
これをどんでん返し、と思うわけです。
僕みたいなひねくれ者な古畑ファンは、
ここで「ニヤリ」とするわけです。
CMはミスリードを誘う為のものだったわけですょ。
(例えそうではなくても、俺はそうだと言い張る!笑)
でもって、三谷脚本に慣れてる人は、気づくわけです。
石坂浩二が犯人になる、と。

最初、犯人側の視点から事件を描き
後からやってきた探偵(古畑は警部補ですが)が
事件の真相に近づいて行く様を描く、というのを
倒叙物、というジャンルになるのだそうです。

で、こういう倒叙物で描かれる古畑任三郎のストーリーには
見ている人も注意すれば気づくことが出来る、犯人のミスが
描かれるわけです。
(小学生の頃はそんな事気づきませんでしたけども。)
で、今回はその、犯人側の視点で、と言うのを使って
黒幕を最後まで(表面的には)隠しておいたと言うのが
おもしろかったと思います。
藤原竜也よりも石坂浩二の方が三谷作品の犯人っぽい雰囲気で
舞台は古畑っていうより金田一っぽくて
(これは作中でも言われてましたね)
しかも金田一を演じた人がゲストで真犯人、という辺り
三谷幸喜の遊び心が見えます。

第一夜から第二夜。
イチロー、「演技してる」って感じでしたね。笑
それがわかってしまうほど、他の役者さんの演技が
自然だと言うことでしょう。古畑の投球フォームは酷かったですがw

3夜連続という辺りを意識しているのでしょうね。
イチローの腹違いの兄、という設定になった向島君。
彼は第一夜で、辞職の意思を古畑に伝えているんですよね。
で、第二夜で発覚した事実は、向島がなぜ転職したか、
その動機ですた。
つまり第一夜が起こった頃に揺すられ始めていた訳です。
僕の記憶が確かなら、序盤、毎回古畑に「誰だっけ?」
と言われる警官が居たと思うのですが、おそらくそれが
向島です。で、2シリーズだったか3シリーズでは
ちゃんと名前を覚えてもらった警官が登場するのですよね。
で、おそらくそれも向島です。
こういう一話完結モノが長期シリーズになると
キャラクターの設定は使い捨てである場合が多いのですが
古畑に関しては、向島くんのように、
しつこいくらい登場するキャラが何人も居ます。
今回は第一夜で前回のスペシャルの話題が持ち出されていますし
そういった感じで、ぜーんぶ繋がっているんですね。多分。
当たり前のように感じるかもしれませんが、
一話完結で長く続いたシリーズでこういうことが起こるのは
かなり珍しいと思います。
鬼平犯科帖とか剣客商売ではたまにでてきますけど・・・

さて、明日は第三夜。
同じ顔が二人出てくるようですね。
おもしろそうです。

かなり長く文章を書いていることに気づきました。
古畑ネタは、Blogという形ではなくてちゃんとしたテキストにして
近いうちにUPしたいと思います。

うーん・・・不完全燃焼気味です。もっと語らせろー!
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 宗式Blog 蝦鯛屋. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。