宗式Blog 蝦鯛屋
富山のラーメン・三国志大戦・言葉遊び・日記などなど。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/05/02(月)   CATEGORY: 言葉遊び
ちょっと遠出(三国志大戦)
※モブログによるエントリー携帯からエントリーを書くのは始めてです。
普段行ってるゲーセンではプレイできそうに無い混み具合いだったので、ネットで調べて三国志大戦が入っている少し遠いゲーセンまで遠征してきました。

なんか貼紙がある…予約制?
ここはわりと短時間で座れそうです。

座るまでの間に、リサイクルボックスを物色。
お!虞翻!呉の火計使い!これで呉デッキでもそこそこ戦える!
というわけで、勢力にはこだわらないとか言ってたのに、早速呉単デッキです。
※ココから先はPCによる追記

実際に、40分ほどの待ちで座ることが出来ました。
予約をして、30分交代制。30分後の勝負が終ったら席を空ける。
だいたいこのルールが守られていて、ちょこっとやる分にはすごく良い所でした。
いつも行ってる所にはこのハウスルール導入は無さそうだなぁ・・・

本日のデッキは守りの呉弓デッキ。
R周泰、虞翻、丁奉、蒋欽、小喬の組み合わせ。
合計コスト7.5で、その辺は見直す点がありそうですが、
まぁ戦略的には役者は揃っています。
騎馬には周泰を向かわせる。画面中央あたりで戦う分には、弓3部隊の援護を受けられるので2部隊相手でもかなり早く殲滅できます。
それに、今まではなかった点として、一気に攻められても虞翻の火計があるのです。
守りきったら最後は流星・・・これはよく見るパターンですね。

戦績は3戦2勝1敗+CPU戦制圧。
久しく全国大戦で勝つことが出来ました。やったょー
とりあえず、こっちの思ったとおりの展開で2勝。
思い通りといっても、守りきる戦いというのはいつ破られるかわからないので、ガンガン攻めるよりドキドキがありますね。
3戦目は魏軍騎馬デッキが相手で、序盤はいい感じに守れていたのですが柵を1つ壊されてからは、騎馬の波状攻撃を防ぎきれず攻城されてしまいました。周泰が騎馬1隊を相手しているうちに逆サイドから騎馬がなだれ込んできたりして、このデッキと僕自身の弱点が露呈された1戦でした。

で、引いたカードが・・・
小喬。
またかょorz
神奈川で1枚貰って即日1枚引いて、小喬を戦略の柱にしてたらまた引いて・・・3枚ですょ。UCなのに。
まぁ他にも魏の曹植や陳宮、蜀の伊籍を引いているので、よしとしましょう・・・でも3枚って。

運よく小喬を欲しいといってくださった方が居て雷銅と沙摩柯を小喬とトレードしてもらえました。、他にもケイ道栄や張梁など、手元に無いのを貰えました。ありがとう。

これからはちょっと遠いけど今日行ったゲーセンにしようかな。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 宗式Blog 蝦鯛屋. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。