宗式Blog 蝦鯛屋
富山のラーメン・三国志大戦・言葉遊び・日記などなど。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/05/02(月)   CATEGORY: ラーメン
遠出ついでに 翔龍
※モブログからのエントリー
帰り道にあるラーメン屋も行ってしまおうと思い、一人で翔龍ヘ。K君、スマン。
わりと有名な店だけど、一度も入ったことが無い。とりあえずカウンター席にて、塩チャーシュー麺をオーダー。リアルタイムでこの文章を書いています。
昼時は少し外れているものの、そこそこの客入り。良い匂いがしてきた…
醤油が有名な店という事実発覚。塩チャーシュー麺はミスオーダーだったかな?

あ、来た。では、感想や写真は後で。

※続きを追記しました
以下PCよりの追記です。

とりあえず・・・うまい。
しっかり塩ラーメンしてます。最近はとんこつベースの塩とかが多かったので、久々にノーマルな塩ラーメン食べました。
根底にあるスープがそうさせるのか、初めて食べた味なのに、慣れ親しんだ味なような気がしました。
調べてみると、九頭竜、一龍、瑞龍など県内に存在する「龍」の字が付くラーメン屋は、暖簾分け等で増えていった店で、同系列の味なのだそうです。そういえば九頭竜は食べたことあるなぁ。

チャーシューは厚みがあり、赤味はしっかり、脂身はトロットロといった具合。チャーシューメンなのに3枚?と思ってましたが、あの厚みを考えると、3枚で十分です。
食べ終わった頃に、仕込んでいたチャーシューを切っている所を目の前で見ることが出来ました。刃渡りの長い包丁で、かなり分厚く切っておられたのを見て、食べ応えに納得しました。
帰りにレジにて、くずチャーシューを貰ってきました。あれば、無料でもらえます。くずといっても結構大きいのですけどね・・・チャーハンにする時にでも使うかな。

他にもメンマともやしが乗っていて、なんというか、押さえる所押さえてるなぁ、といった感じ。富山の人なら、結構みんな好きなのではないでしょうか。
県外の人はちょっとしょっぱいかも。なんせ富山のラーメンはブラックに代表されるしょっぱいラーメンが多いので、それに慣れてしまっている僕にとっては普通でも、他県の人には・・・という感じでした。
実は僕もブラック系は苦手なんですけどね。

閑話休題、翔龍の評価です。

ラーメン翔龍
個人的評価:★★★ 3点/5点満点中

スタンダードなラーメンだったなぁ、ということで、真ん中の点数。まぁそれだけではなくて、ザ・サムライや山久に比べて、インパクトはなかったものの、マイナス評価部分もあまりなかったという事も含めて、3点に。

次はどこへ行こうかな?

ラーメン 翔龍
 富山県高岡市野村365サンハイツ1F モスバーガー隣
  塩チャーシューメン ¥800円
   ラーメンは結構安いみたいです。  
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 宗式Blog 蝦鯛屋. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。