宗式Blog 蝦鯛屋
富山のラーメン・三国志大戦・言葉遊び・日記などなど。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/05/13(金)   CATEGORY: 雑感・雑記
Shall We Dance? 日米見比べ
午前中に某社の試験を受けたので、本日は公欠です。やったー
で、1日かかる予定のものが、早く終ってお昼から暇になってしまったので、試験地から最寄の映画館へ。
見たい映画を見てまいりました。「Shall We Dance?」です。

最近テレビでオリジナル版を見ていたので、見比べ的な感じでした。

ここから先はすこーしだけネタバレありです。
その辺をご理解のうえ、見たい人だけどうぞ。
オリジナル版とほとんど同じです。
一部、設定などがアメリカナイズされていたりする部分があったりして、そのせいでいくつかの違いが発生しているという感じ。
うまいことハリウッド映画にしたなぁ、という感じです。

どの登場キャラも、少しずつ変わっていますが、うまく感じが出ています。
特にリンク(オリジナルでは竹中直人がやった役)やボビー(オリジナルでは渡辺えり子がやった役)なんかは、かなりのハマり役と言えるのではないでしょうか。
でも、服部さん(徳井さんがやった役)が居なくなっていますよ・・・あれ?まぁ、かわりにアメリカらしいキャラになってます。笑

作中、オリジナル版では「行間を読む」ような感じで描かれていたキャラクターの想いが、ハリウッド版では声に出してせりふとして表現されています。
これが、日本映画とハリウッド映画それぞれの印象を強めている原因だと思います。

あと、エンディングが全員ハッピーエンドの大団円に・・・
ハリウッド版では奥さんがキャリアウーマンなのですが、最後のパーティーへ行く前に、奥さんを迎えに行くというシーンが入ります。それから、ラストダンスのシーンへ。
この迎えに行くシーンがいかにもアメリカ的だなぁ・・・と思いました。

んー・・・良くも悪くも、部隊をアメリカにしてリメイクしました、っていう作品でしたね。
ただ、役所公司の杉山さんが冴えないサラリーマンから徐々にかっこよくなっていくのに対して、リチャード・ギアのジョン・クラークは最初からかっこいいオジサンです。笑

ほんとに、ただそれだけの映画でした・・・ので、オリジナル版と同じ程度におもしろかったです。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*2 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する
● 俺も見たかった
Leo | URL | 2005/05/18(水) 14:33 [EDIT]
俺も見たいと思ってるんだけど、今度見にいこうかな…。

ちなみに、
> オリジナル版では「行間を読む」ような感じで描かれていたキャラクターの想いが…
言外に雰囲気で読み取れってのは、長い間タテマエとホンネの文化を使ってきた日本人独自の文化だよね。
外人に理解しろとは言わないけど、あの無音の演出部分がいい味を醸し出してることを考えると、ちょっと寂しい気もする。。。

| URL | 2005/05/18(水) 19:50 [EDIT]
Leoさん、ご来訪ありがとう御座います。

そうみたいですねぇ。
「行間を読む」部分全てがせりふになっているわけではないのですが、それはやはり日本人と外国人で受け取る範囲が違うからでしょうね。

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 宗式Blog 蝦鯛屋. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。