宗式Blog 蝦鯛屋
富山のラーメン・三国志大戦・言葉遊び・日記などなど。
DATE: --/--/--(--)   CATEGORY: スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
DATE: 2005/08/03(水)   CATEGORY: 物欲
アロハシャツ
毎年夏になるごとに思うんですよ。アロハシャツが欲しいって。
何着か持ってはいるんですけど、まだまだ欲しいんですょ。

特に王道、和柄のアロハが欲しい。
別にビンテージ物とかが欲しいわけじゃないんですが、和柄が大好きな人間なので、ショップの前を通ったりした時に和柄アロハがディスプレイされてたりすると、魅力に惹かれてしまってプライスカードを見るんですけど、和柄アロハって総じて高いんですよね。
最近大きな買い物をしたばかりなので金欠中で、どうも手が出せない状況です。

しかし、物欲という物はなかなか失せない物でして、そしてまたその物欲を刺激する物も、こんなときに限ってひょいひょい目の前に現れるわけですよ。
和柄アロハシャツって、複雑な柄を織った物や、着物用の反物を使ったものが多いので、基本的には大量生産はしないんですね。少数ロットとまではいかないまでも、すぐにソールドアウトしてしまうんです。

しかもでかい体躯の僕が着るようなサイズは、標準的な体の大きさの人だとダボっと着れて、それでいてあまりルーズ感が無いので、人気があるんです。
つまり早く売れちゃうわけです。

そんなわけで毎回、あの柄良いなぁと思っても次に見たらLサイズやXLはソールドアウトだったりして、なかなか買えないんですよ・・・もちろん金欠なのもあるんですが。

で最近和柄が流行りなのか、以前に比べてさらに売れるのが早い。
以前と言っても2年前くらいなのですが。
そういうわけでなかなかアロハシャツのコレクションが増えない・・・

さらにさらにですょ。織物じゃなくて、シルクシャツに柄を手書きで書いたものなんてのも、世間には存在してるんです。これがもうモロ壷にハマっておりまして。夏が過ぎてもいいから、金貯めて買おうとか思っちゃってるわけです。
なんなら年中アロハ着ててやろうかくらいの勢い。

Tシャツの小ロット自主製作って聞きますけど、アロハはそういうわけにはいかない・・・

アロハを作るメーカーって、どれくらい初期投資が必要なんだろうか。採算ギリギリで儲けなしでもやっていくにはどれくらいの生産数が必要なんだろうか。自分でメーカー立ち上げれないものかな・・・とか、そこまで考えさせちゃう魅力がアロハにはあると思っています。

クールビズクールビズって最近よく聞きますけど、オシャレなアロハシャツをクールビズ代わりに、なんていかがですかね世間の皆様。
かりゆしウェアだってクールビズにできるんなら、アロハだって!と思っている宗でした。
スポンサーサイト
[ TB*0 | CO*0 ] page top

COMMENT

 管理者にだけ表示を許可する

TRACK BACK
TB*URL
Copyright © 宗式Blog 蝦鯛屋. all rights reserved. ページの先頭へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。